2010年03月08日

疼痛ケア「受けたことない」が約6割(医療介護CBニュース)

 日本医療政策機構が実施した「がん患者意識調査」によると、がんに関連する痛みや、がんの治療による痛みを和らげる治療(疼痛ケア)を受けたことが「ない」と答えた人が59%と半数を超えた。

 調査は、がん関連の患者団体に所属しているがん患者・経験者とその家族を対象に、実体験を基にがん医療政策の問題点や課題を明らかにすることなどを目的に、郵送とインターネットを利用する形で実施した。調査期間は昨年11月13日-12月末。有効回答数は1618件で、回答者の内訳は「がん患者、経験者」が86%、「家族」が8%、「遺族」が4%などだった。

 調査結果によると、「がんの治療にかかった費用は、どの程度の負担感がありましたか」の質問には、「やや負担が大きい」が最も多く41%。続いて「とても負担が大きい」(30%)、「あまり負担ではない」(20%)、「負担ではない」(5%)の順だった。

 「がんの治療を通して、どのようなことについて悩みましたか」(複数回答)の質問に対しては、「落ち込みや不安、恐怖などの精神的なこと」(64%)が最も多かった。以下「痛み・副作用、後遺症などの身体的苦痛」(60%)、「これからの生き方、生きる意味などに関すること」(52%)、「収入、治療費、将来への蓄えなどの経済的なこと」(40%)などとなった。

 また「初期の主たる治療方針について、治療方針の決定過程」は満足いくものだったかを尋ねたところ、「満足」は26%、「どちらかといえば満足」は43%。一方、「どちらかといえば不満足」は22%、「不満足」は5%だった。
 さらに「今あるいは直近の治療について、受けた治療は満足いくものでしたか」との質問には、「満足」が28%、「どちらかといえば満足」が45%で、「どちらかといえば不満足」は17%、「不満足」は3%だった。
 治療方針の決定過程や、受けた治療について、「どちらかといえば不満足」「不満足」とした理由を調査したところ、上位を占めたのは「情報が少ない」「精神面に対するサポートが不十分」などで、同機構では「診断や治療などの医療技術が徐々に進歩している一方で、より質の高い療養生活を送る上で欠かすことができない部分に対する不満が高いことが示された」としている。

 同機構はまた、今回の調査結果を踏まえた上で、「がん対策推進基本計画には、全体目標として、がんの死亡者の減少とともに『すべてのがん患者及びその家族の苦痛の軽減並びに療養生活の質の維持向上』が掲げられている」と指摘。「基本計画の対象期間が残り2年となった今、この『苦痛の軽減』という大きな柱をより一層充実させていくことが、喫緊の課題」との認識を示している。


【関連記事】
がんの情報提供、「上から目線」から「患者目線」へ
がん患者支援、英「マギーズ・センター」に学ぶ
世界対がんデー、がん予防を訴え専門家らが講演
がん診療連携拠点病院、新たに15施設を指定へ
がん「患者必携」、5割超が「有料でもほしい」

朝鮮民族は日本の「朝鮮学校統治」を容認するのか(産経新聞)
普天間移設キャンプ・シュワブ陸上に自民・谷垣氏「公約違反」(産経新聞)
<新横浜プリンスホテル>消費期限ごまかし、ケーキを販売(毎日新聞)
遭難の男女、全員無事=宮城・山形県境の船形山(時事通信)
北教組幹部逮捕 鳩山首相が公立校教職員への罰則検討指示(産経新聞)
posted by ツクイ マサヒロ at 08:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

男が放火か、民家全焼=夫重体、妻も重傷-京都(時事通信)

 26日午後7時35分ごろ、京都府亀岡市大井町並河の自営業西村正人さん(59)方が燃えていると近所の人から119番があった。木造モルタル2階建て約170平方メートルが全焼し、西村さんが全身やけどで重体、妻豊子さん(59)も顔などにやけどを負い重傷。2人は「家の中に突然男が入って来て、ポリタンクの油をまいて火を付けた」と話しており、府警亀岡署は放火事件とみて男の行方を追っている。 

【関連ニュース】
中3生ら連携し、女児2人救出=民家火災、下校途中に
義姉刺殺、放火して逃走=同居の43歳男、殺人容疑で逮捕
高齢夫妻か2人死亡=旭川で民家火災
民家火災で2人死亡=老舗うなぎ店主と長女か
殺人罪は不起訴=親子2人死亡、放火は起訴

<秋篠宮さま>タイ、ラオス私的訪問へ(毎日新聞)
<事業仕分け>公益法人は7基準で “隠れ天下り”にもメス(毎日新聞)
「記者クラブはつぶしたほうがいい」 ネット中継討論会もりあがる(J-CASTニュース)
万引き認知件数18%増=被害全件届け出促進で警視庁(時事通信)
時効撤廃法案、12日閣議決定へ=民主が了承(時事通信)
posted by ツクイ マサヒロ at 21:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

首相と小沢氏、午後に会談 政治とカネ、介護制度改革もテーマに(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日午後、首相官邸で民主党の小沢一郎幹事長と会談する。

 会談は、首相が小沢氏に要請した。平成22年度予算案が同日夕、衆院を通過することを受けて、子ども手当創設法案、国会審議活性化関連法案など重要法案の処理や、夏の参院選の候補者擁立とマニフェスト(選挙公約)づくりの作業について話し合うものとみられる。また、公明党が24日に首相に手渡した介護制度改革案についても意見交換される見通し。

 北海道教職員組合(北教組)による民主党の小林千代美議員側への違法献金事件や、首相と小沢氏の「政治とカネ」の問題への対応や、企業・団体献金の禁止問題も協議の対象になりそうだ。

 2月の長崎県知事選や東京都町田市長選では、小沢氏のからむ「政治とカネ」の問題が敗因となり、前原誠司国土交通相ら一部閣僚から、参院選前の幹事長辞任を期待する発言が出ている。

 このため、首相と小沢氏の会談がセットされた1日には幹事長辞任の申し出があるのではないかとの憶測を呼んだが、民主党幹部は同日夜、「そんなことはありえない」と否定している。

【関連記事】
デフレ克服で日銀に再び“圧力” 菅財務相「適切な対応を期待」
津波警報「もう1ランク設けたい」 中井防災担当相が検討表明
石井一氏の“利益誘導”発言に首相「反省する」
自民、小林千代美議員の参考人招致を要求 北教組事件、衆院予算委で
箇所付け問題で、鳩山首相が前原国交相を口答注意
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

エヴァンゲリオン新吹奏楽版
ホウエン
宮城・山形県境の船形山で4人遭難?携帯途絶(読売新聞)
市民と専門学校生が「町の魅力紹介マップ」作成(産経新聞)
シンクレア ZX81
posted by ツクイ マサヒロ at 21:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。