2010年04月24日

4月分の給与支払わず=免職取り消しの職員に-阿久根市(時事通信)

 竹原信一市長の意向で掲示された市職員給与総額が記された張り紙をはがしたとして、懲戒免職処分を受け、その後鹿児島地裁から処分を取り消す判決を受けた鹿児島県阿久根市の男性職員(45)に対し、同市が4月分の給与を支払わなかったことが22日、自治労鹿児島県本部への取材で分かった。
 地裁は3月に未払い分の給与などの支払いを命じる判決も言い渡しており、同本部は「強制執行の申し立てをする」としている。今月9日の処分取り消し判決後、最初の給料日が21日だった。 

【関連ニュース】
切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに「おカネ持ちが判決」
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視
復職へ「まだ通過点」=勝訴の阿久根市職員が会見

「時効廃止法案」が参院法務委で可決(産経新聞)
損保代理店が2600万円詐取=架空の金融商品で-東京海上(時事通信)
舛添氏「青木氏の権力の源泉はポスト配分」(産経新聞)
「事業仕分け」第2弾スタート―行政刷新会議(医療介護CBニュース)
<傷害致死容疑>横浜市職員逮捕 妻殴り死なす(毎日新聞)
posted by ツクイ マサヒロ at 09:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。